すーすー茶でいびき解消

すーすー茶でいびき解消

すーすー茶でいびき解消

 

草木も眠る丑三つ時(笑)、どこからとなく聞こえてくる
ンゴーっという音。

 

よそのうちかしら?

 

うちかしら?

 

いびきです。

 

ご主人か、奥さんか、彼氏か、彼女か、もしくは子供か・・・・・・・

 

 

これほど周りの人の安眠妨害をするものはありませんね。

 

 

寝ている本人は知らん顔。

 

 

原因は鼻炎です。

 

 

それも花粉症の季節だけでなく1年中です。

 

 

「いっしょに寝られない」と、夫婦別床にする家庭もあるでしょう。

 

 

こんなことで仲のいい夫婦に亀裂がはいることさえありますね。

 

 

長年悩み続けてきた鼻炎による鼻づまり、止まらない鼻水、
そんなグズグズ・ズルズルの悩みに対策できるお茶が出ました。

 

 

鼻炎の対策と言えば、副作用として目や口の乾き、
強烈な睡魔など副作用が付き物の対策しかありませんでしたが・・・・

 

 

たった1杯のお茶で効果が実感できる
そんなスッキリ爽快なお茶ができたんですよ。

 



 

 

こちらのお茶は、アレルギー性鼻炎、そして花粉症にも効果があり

 

「鼻水が止まらなくて困ってる!」
「鼻呼吸が出来ないくらい鼻づまりが苦しい!」

 

そんなお悩みを、副作用とは一切無縁に対策する、
ノンカフェインの健康茶です!!

 

 

また、こちらのお茶は【イビキの対策】にも効果があるため、
「鼻炎ではないけど家族のイビキ対策に…」と購入される方が多数います。
(無自覚の鼻づまりを対策することでイビキの対策に繋がります!)

 

 

しかも従来のイビキ対策は「鼻や口に器具を装着」等、睡眠中に器具が外れて結局うるさかったり
着け心地が不快だったりと、なかなか継続できませんでした。

 

それが毎日このお茶を飲むだけで済むため、イビキに悩む方にも非常に売れています。

 

 

 

 

その秘密は???

 

 

「バラ科の甜茶(てんちゃ)」が、眠気を引き起こさず、アレルギー反応の元となる「ヒスタミン」の放出を
抑える働きがあるということが知られています。

 

私たちが独自に実験した結果、このバラ科の甜茶に 、
北海道で古くから薬草として用いられてきた「クマザサ」と
「赤紫蘇」を加えることで相乗効果が高まり、
その実感度が飛躍的に高まるということが分かったのです。

 

クマザサは、強い抗菌力で免疫バランスを整えて くれることで知られており、
体に取り入れるだけでなく 塗り薬としても昔から用いられてきました。

 

赤紫蘇は「天然のステロイド」と呼ばれ、赤紫蘇に 含まれるポリフェノールの一種である
ロズマリン酸が、グズグズ・ズルズルを軽くします。
(えぞ式すーすー茶公式ホームページより)