クビンスホールスロージューサーならコールドプレスジュースが自宅で作れる

スムージーだけがいいとは限らない

スムージーだけがいいとは限らない

 

 

.コールドプレスジュースってなに?

 

スロージューサーと呼ばれる低速回転のジューサーで材料に熱を加えず(コールド)、
強い圧力をかけてすりつぶして(プレス)搾ったジュースのことをコールドプレスジュースといいます。

 

コールドプレスが自宅で作れる!

 

これまでジューサーといえば遠心分離製法の高速回転のジューサーが主流でした。

 

この方法だと高速回転する刃で切り刻むため、
ジュースを作る過程で材料に熱が加わり、空気に触れて酸化が進むため、栄養素が失われてしまいます。

 

それに比べ粉砕・圧縮製法のスロージューサーは一分間に75〜160回転という
低速回転で石臼のように材料をすり潰し、強い圧力で時間をかけて搾汁しますので、
熱の発生が少なく、栄養素の破壊を最小限に抑えて搾汁することができます。

 

スロージュース、ロージュースなどの呼び方もありますが基本的に同じものをさします。

 

 

スムージーとコールドプレスジュースの違いってなに?

 

最大の違いは、繊維質が多いか少ないかです。

 

スムージーはミキサーでかき混ぜて細かく砕いただけなので食材に含まれる食物繊維が残りますが、
コールドプレスジュースは食材の繊維質を取り除いた果汁のみになります。

 

繊維質を積極的に摂取し、満腹感もほしいという方にはスムージーを、
野菜不足で素早く栄養だけ摂取したいという方にはコールドプレスジュースをおすすめします。

 

とくに・・・・・

 

◎アンチエイジング、未病を目的とした方
◎ガンなどの疾病回復のプロセスで消化・吸収率の高いものを好む方
◎野菜嫌いのご家族の為に
◎美容・健康情報に敏感な方 家庭画報、婦人画報、VERY、美ST、25ansの読者層

 

このような方にオススメです。

 

 

そして、ただの安売りでなく、ちゃんとしたメーカーのものを買いましょう。

 

ジューサー製造ひと筋35年の世界ブランドKuvings(クビンス)が
素材をなるべくカットせずに搾れるジューサーを開発しました。

 

 

カットすれば、するほどジュースの素材が空気に触れるため栄養素の酸化が進む、
材料を細かく切るのが手間でせっかく買ったジューサーを使わなくなる、
生ジュースを習慣化したいけど素材のカットが手間という課題、みなさんの声に取り組んだ機種です。